NPO法人の設立代行をしております,。.NPO法人設立に関する無料相談も行っております,。

NPO法人は、設立にあたり資本金制度がなく当初の資産がゼロでも構わないのです,。.

NPO法人は非営利と言われますが、利益を上げてはいけないということではありません,。.NPO法人での設立をお考え下さい。.

NPO法人を起業スタイルの一つとして検討下さい,。.NPO法人設立のプロフェッショナルがお手伝いします,。.

NPO法人はこれから注目される法人形態です,。.NPO法人の設立代行は全国の支部で支援しています,。.
NPO法人設立代行センター

資産0からでもNPO法人は設立できます。起業の手段の一つに検討下さい
TEL03-6452-9889 

NPO法人設立代行センター NPO法人の設立に関する無料相談は今すぐこちらへ

NPO法人設立代行センターNPO法人設立代行センター[HOME]

NPO法人は、設立にあたり資本金制度がなく当初の資産がゼロでも構わないのです
NPO法人の「非営利」というのは利益を上げてはいけないという意味ではなく、「利益があがっても構成員に分配しないで、
団体の活動目的を達成するための費用に充てる」という意味です。起業の一つの手段として活用を検討下さい。

NPO法人設立代行センター

NPO法人とは?

NPO法人の意味

NPO法人設立代行センター NPO法人設立代行センター
NPOとは「Non Profit rganization」(非営利組織)の略です。
平成7年の阪神・淡路大震災を契機に組織的な活動ができる法人の必要性に基づき「特定非営利活動促進法」が議員立法として成立、平成10年に施行されました。
NPO法人設立代行センター NPO法人設立代行センター

NPO法人設立代行センターご相談はいますぐこちらへ

NPO法人-「非営利の意味」

NPO法は、公益的な活動を行う団体が比較的簡単な手続きで法人格を取得できるように民法34条の公益法人の特別法という位置づけで成立しています。

株式会社・有限会社等が営利法人であるのに対し、NPO法人は非営利法人です。

「非営利」なので営利を目的としてはいけない=儲けてはならない、という意味で捉えられますが、必ずしもそうではありません

組織が維持・継続していくためには当然、運営コストや活動経費がかかります。
その資金を得るための収益事業も認められるのです。それでは営利企業と何ら変わらないのでないかということですが、以下の点で営利企業とは異なります

それは、剰余金を構成員(社員)に配当してはならないという点です。余ったお金を分配するのではなく次年度の活動資金に繰り越していくことになります

では、報酬を受けることが出来るかという点ですが、結論として役員、事務局スタッフなど全ての者が報酬(給与)を受け取ることが出来ます

法律上、「報酬を受ける役員の数は、役員総数の3分の1以下でなければならない」となっていますが、これ以外の役員でもスタッフとして報酬(給与)を受る事が出来ます。

 

NPO法人設立代行センターご相談はいますぐこちらへ

INDEX
NPO法人の設立にあたって[HOME]
NPO法人とは?
NPO法人設立代行センターNPO法人の意味
ボランティアの違い
メリットと義務
活動分野
申請までの流れ
申請のポイント
設立後の手続き
改正NPO法とは?
設立にかかる手続料金
NPO法人に関するQ&A
NPO法人設立チェックシート
参考:NPO法人の活動事例
NPO法人設立代行センターについて
NPO法人に関する無料相談・問合せ
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) NPO法人設立代行センター. All Rights Reserved

NPO法人設立代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。